サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習説明

サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習
DSCN7638CIMG75931470229_591820944198966_1372273643_nExif_JPEG_PICTURE250170_508498952531166_1575579376_nDSCN702815170778_1156126594435062_4361501221424818704_n15241896_1156126491101739_4280496635143556045_n17499140_1276175662430154_5089395336503006458_n12144767_903739286340462_2986842071206963069_n12802847_970576489656741_385025643205232502_n14642255_1123684121012643_198473575882328879_n

世界は、気候変動、人口爆発、資源不足、水不足、エネルギー・燃料問題、貧富の格差拡大、食料問題など様々な課題を抱えており、その中での企業の取り組みの重要性が増加している状況があります。それらを踏まえて、サステナビリティの分野でもグローバルな大きな流れが起きています。国際規格ISO26000、統合報告フレームワーク、ビジネスと人権に関する指導原則、GRI スタンダードなど原則や基準の発行、紛争鉱物、パーム油、綿花などの原材料調達やそれらの労働環境、人権課題を含むサプライチェーンの問題、持続可能な開発目標、サーキュラー・エコノミー、パリ協定など海外では企業を取り巻く状況が変化し、企業はその対応に迫られています。

日本では、国内市場が縮小し、グローバルに事業を展開する企業がこれまで以上に増加することが予測される中、このような日本国内とは違ったグローバルなサステナビリティの視点が今後さらに高まると考えられます。 日本企業が、高いレベルのサステナビリティ活動を実践してグローバル・リーダーシップを取るにはどのようにすればいいでしょうか?

ステークホルダーの対応、海外の現地法人や生産拠点などのサプライチェーンに関わる対応、環境問題への配慮や二酸化炭素排出量削減への対応という点において、十分といえるでしょうか? 人権や人種・文化の多様性に対する配慮など、日本社会の中では取り上げられず気づきにくいテーマもあります。 さらに企業は持続可能性と社会的責任の両立を実現していかなければなりません。そのために必要不可欠なのは、経営トップがサステナビリティに関する理解を深めサステナビリティを戦略的に実施していくこと、そして事業部門とサステナビリティ推進担当部門との一層の連携です。

本資格講習は、英国を拠点として活動するサステナビリティコンサルタントの下田屋が主任講師として、欧州で入手している欧州先進企業のサステナビリティの最新情報やビジネスのケースをお伝えしながら、上述の国際情勢下で、企業が生き抜く術としてサステナビリティを戦略的に実施する方法、事業に統合する方法を学んでいただくことを目的としています。

また、本資格講習は、英国の主要団体CMIの公認資格であり、世界に通用するサステナビリティ資格です。この資格の取得により、世界との扉を是非開いてください。

  • 英国CMI認定 サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習は、サステナビリティにおける様々な問題を世界的な視野で学ぶことができます。
  • この資格講習の正式名称は、“CMI Approved Certified Sustainability (CSR) Practitioner training”で、英国の主要団体であるCMI (Chartered Management Institute)の公認の資格であり、世界で通用するCSR資格です。
  • 本資格講習は世界各地(シカゴ、ワシントンDC、ニューヨーク、サンフランシスコ、アトランタ、トロント、ブリュッセル、ロンドン、ドバイ、アブダビ、アテネ、クアラルンプール、東京、大阪)で既に実施されており、世界5大陸35か国から現在約1200人のサステナビリティ(CSR)プラクティショナーの資格保持者がいます。世界の資格保持者一覧
  • 世界各地で実施されているこのCSR/サステナビリティ資格講習には、Lloyds Banking Group, Unilever, Nestle, Coca Cola, Reuters, BP, Shell, European Investment Bank, World Bank, ING,  Arcelor Mittal, EACD, and WBCSDといった世界の著名な企業・組織からも参加しています。
  • サステイナビジョンは、欧州のCSRコンサルティング会社であり英国CMIの公認トレーニング団体であるCentre for Sustainability and Excellence (CSE)と戦略的パートナーシップを締結し、企業・組織のCSRコンサルティング活動について協力し合うとともに、英国CMI公認資格である「サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習」を日本において2012年から開催しています。
  • この資格講習は、カーボンニュートラルとして実施されています。
  • 2019年度の今後の開催予定は、2019年10月24・25日、2020年3月5・6日となります。
【戦略パートナー】
cse
Centre for Sustainability and Excellence (CSE)

CSEはサステナビリティ・CSR・持続可能な開発に焦点を当てたグローバル戦略コンサルティング、教育訓練を実施しており、シカゴ、アテネ、ブリュッセルに拠点があります。2008 年より英国IEMA/CMIの公認トレーニング団体として、サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習を欧州・北米・中東・アジアにて開催。サステイナビジョンは、CSEと戦略的パートナーシップを締結し、「サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習」を日本において2012年から開催しています。

受講のメリット
  • グローバルリーダーにおけるサステナビリティ・CSRの資格講習です。
  • 英国の主要団体Chartered Management Institute (CMI) から資格が付与されます。この資格は世界で認識される資格です。
  • サステナビリティの幅広い内容が網羅されており、世界を見据えてサステナビリティの観点から何が企業にとって重要かを学ぶことができます。
  • 内容は、レクチャーとグループワークがバランスよく織り交ぜられた集中プログラムです。講師と受講者の双方向でのやり取りで進められ、より効果的に学習することができます。
  • 講習では、グローバルなケーススタディを活用し、グループワークを通じて実際に国内外でCサステナビリティの実践が問われる場面をディスカッションします。
  • 主任講師は、欧州・ロンドンに拠点を置き、最新のサステナビリティ情報を入手していますので、本講習を通じて、世界の先進的な知識を得ることができます。
  • ステークホルダーへのアプローチを学ぶことによって、ステークホルダーからのレベルの高い信頼性を得ることができます。また、ビジネスの透明性の理解・実践することによって、トリプルボトムラインをベースとした企業責任を効果的に推進していくことができます。
  • サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格を取得することにより、組織内外でのサステナビリティ計画・戦略・プログラムをより効果的に実施することができるようになります。
  • 2日間の講習を通じて様々な業界のCSR/サステナビリティ関係者との新たなネットワーク構築をすることが出来ます。
  • サステナビリティのスキルアップ・キャリアアップにご活用ください。
  • 資格取得後は、世界と日本それぞれのサステナビリティCSRプラクティショナー資格保持者限定の情報交換サイトへの登録ができます。
  • 日本のサステナビリティCSRプラクティショナー資格保持者限定の情報交換用メーリングリストに登録できます。
日本における本資格講習参加者の声 (←クリックするとより多くの方の声を参照することができます)
興味あるものの全くの素人の当人にとって、Logical かつPractical、そして具体的な事例を用いて、Program設定の基本的な組み立て方、考え方、そして用語の意味を教わることができました。また18人という適度な人数も会話が良く聞こえて良かったと思います。
Dole Asia Holdings PTE. LTD, Dole Packaged Foods Asia, Vice President & Chief Strategy Officer, 大場 恵介
今回の講習を受講して、CSRに関する新たな概念を学ぶことができたこともさることながら、今まで個人的に勉強してきた知識を体系化できたことが有意義でした。今後の業務に大いに参考になると思います。有難うございました。
株式会社日清製粉グループ本社 CR室室長 南澤 陽一
企業内でサラリーマンをしながら、志を持って行動されている参加メンバーの方々との出会い自体と、グループディスカッションも重視した構成で、各メンバーのバックグラウンドの違いを認識し、活かすことができる点。また全体増を包括的に学ぶ中で、自分の知識興味の偏りを認知し、今後調べるきっかけを得た事。
スリーエム ジャパン株式会社コンシューマー製品マーケティング部 石橋 愛子
無知であった事項については新しい知識として、理解しているつもりであった事項についてはその位置づけと他の事項との関連性についてインプットすることができ、それらの体系的な理解が得られた。また、書物等のみからではわからない重要ポイントを講師から教えていただくとともに、他の実務担当者からの視点や経験を耳にすることができた点が良かった。
スクワイヤ外国法共同事業法律事務所エアクラフトファイナンス/コーポレートロー パラリーガル 黒川 奈々
体系的に学べたことはもちろん、人権などどの分野に関わることかという面もカバーして頂き、曖昧でわかりずらいと思っていたCSRの定義が明確になりました。また社内での巻き込み方、推進するにあたっての現状と課題も挙げていただいたことも参考になりました。
Kokuyo International Malaysia Sdn. Bhd. Marketing Manager 飯島 光代
体系的な理解ができ、自分の知識が足りない分野が明確に。他の参加者の視点や、業界による違いが明確になった。時代の中の今の状況や、世界の中の日本など、立体的に感じることができた。
株式会社ベネッセホールディングス ブランド・CSR部 課長 泉 ひろ恵
講師がとても人格的に優れており説明を受け入れやすかったです。またハードルなく議論に皆が参加しており、双方向でコミュニケーションを多くとれることが非常に有益でした。事例や外部ゲスト講師の話も非常に興味深かったです。
株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズ 代表取締役社長 白藤 大仁
CSRとサステナビリティーの深い意味まで目から鱗のわかりやすさだった。専門外であるビジネスの専門用語も、わかりやすく解説していただき助かった。一流企業の第一線を行く方々と考えやアイデアのシェアができとても参考になった。
青森明の星短期大学 経理研究所所長 入試広報センター長 教授 山口 章
ビジネスにおいてサステナブルを切り口とした取り組みを行うにあたり、あるべき方向性や、やらなければならない事を体系的に学ぶことが出来た。
YKK株式会社 商品戦略室 室長 大喜多 一範
単なる知識だけでなく、推進者としてどう動いていくべきか実用的な話も多く参考になりました。Group Workや他の人との意見交換の場が多かったのも良かったです。
株式会社リクルート サステナビリティ推進室 サステナビリティG 斉藤 あや
通常のセミナーでは得られない、サステナビリティ(CSR)全般に関しての実践的な課題解決方法や最新動向を体系立てて学ぶことが出来、非常に良い機会でした。会社のサステナビリティ部門が持つ専門知識の「ベンチマーク」としても活用できると実感しました。
協和発酵キリン株式会社 CSR推進部 企画推進グループ木村 聡
業務の中で断片的に身に着けた知識をCSRのトレンドの発信源である欧州の考え方にもふれながら体系的に整理できた。同じ悩みを持つ他社の方と思いを共有したり、知恵を出しあえた
ハウス食品グループ本社株式会社CSR部 環境活動推進課 芝原 佳希
世界的なトレンドを判ることが出来ました。また、受講に当たってはサステナビリティ(CSR)の体系を学ぼうと思っていましたが、更に上位の経営戦略との繋がりもクリアになりました。当社が実施していくべきこと、進むべき、着手すべき事、デザインを描いていくことが出来そうです。また、それらへのアプローチのヒントを沢山得ることが出来ました。考えをまとめるのにとても役立ちました。
日総工産株式会社事業本部 営業部 営業企画課 水谷 洋司
体系的にCSRについて学べたことで、頭の中が整理されたと思います。普段なかなか時間を取って学べていないことも、質問をさせて頂きながら理解を深められたと思います。視覚的に事例を確認できたことも、大切だったと考えます(GWやvideo)
武田薬品工業株式会社 市川はるひ
最新のサステナビリティ関連情報やグローバル動向をまとめて提供していただき、自分の知識や捉え方のアップデートと整理をすることが出来ました。また自社以外からご参加の様々な方々との情報共有や意見交換を通じて新たな刺激を受け、サステナビリティ推進に対する自分のアプローチを見直したり、考えをまとめることにとても役立ちました。
株式会社JVCケンウッド 執行役員 飯塚 和彦
 
CSR、SDGsを体系的に理解し、個別のテーマは別として、その目的とビジネスへの応用の方向性が確認できた。
井関産業株式会社 代表取締役 安並 潤
CSRの仕事をして4年になります。自分の知識を整理し、最新の先進事例や動向を知る事ができました。本やテキストで学んだ事を、講師の豊富な知識に裏付けられた内容と共にレクチャーで学べたことは大きいです。また、過去の有名な事件を映像で振り返る事ができた事で、更に理解が深まったと思います。CSR・サステナビリティへ取り組んだキャリアを問わず、関わる全ての方に受講して欲しい内容です。
リコージャパン株式会社 経営企画事業本部コーポレートセンターコーポレートコミュニケーション部社会貢献推進グループ兼広報グループ 太田 康子
 
CSRの最新動向をグローバル規模で体系だてて学べる機会が初めてでしたので、断片的だった知識がつながったことと、何となく思い込んでいたことが誤解だったり過去の内容だったとクリアになりアップデートされました。
フィリップスエレクトロニクスジャパン 徳永恵美子
体系的にCSRを学べたことで新しい気づきがありました。CSR支援会社として企業や団体の皆様との協働や新たな取組みを進めていく上で、ブレイクスルーポイントとなる要素を数多く発見できました。とても濃密で楽しい2日間の研修でした。
株式会社a2media IRコミュニケーション事業部ディレクター 砂川祐恵
最新の CSR に関するテーマの背景にあるメガトレンドを理解できたこと。欧米の先進企業の具体的な業務への反映方法を下田屋さんのお話しや映像、資料などから知ることができたこと。色々と真似をして実践してみたいと思いました。
東京ガス株式会社広報部CSR室主任 鉢村 彩
CSRの専門家の方々やこれを目指している方々と2日間一緒に過ごすことができ非常に刺激になった
エルケム・ジャパン株式会社 前代表取締役社長 伊達 裕幸
非常にあいまいにとらえていたCSRということばについて世界的な動向、基準も含め具体的に示していただいたこと。企業で実際にCSRに携わっておられる他の受講生の視点や考え方に直接触れられたこと。ステークホルダーの分析の演習では、企業の立場での思考のシュミレーションが少しはできたように思う。など非常に得るものが多かったです。
公益社団法人京都モデルフォレスト協会事務局参事 田中寛子
わかりにくかったCSRについてかなりクリアになりました。国によっての違い、国際的な事例をDiscussionを交えながら進ませることができたので、自分の中での理解度は深まったこと実感しました。また参加のメンバーから得たものも大きかったです。
株式会社白寿生科学研究所 営業本部付文化担当広報ディレクター内倉眞紀子
CSR・Sustainabilityに関する包括的な知識・トレンドを効率的に学ぶことができた。実際に企業のCSR部門で実務に取り組む方々の意見やお話をお伺いすることができた。自分として自社としてどうCSR・サステナビリティに関わっていけば良いか、具体的なイメージが持てた。下田屋さんの時間配分のメリハリとポイントを絞った説明の分かりやすさで、終日あきることなく受講できた。質問の時間を積極的に割いていただけたので、理解が深まった。
ハーチ株式会社代表取締役 加藤 佑
欧州、米国のCSRに直接触れ、広い視野でCSRを捉えることができた。自社の課題を整理・把握することができた。売上・利益では表せない見えない価値を高めていくことの重要性・必要性を改めて感じた。
シチズンホールディングス株式会社 監査・CSR室前CSR推進グループリーダー山田富士子
The true sign of a superior program is the ability to engage participants to share their varied experiences and ideas. The CSE Sustainability Practitioner Workshop offers terrific value; dynamic interaction combined with thought-provoking ideas, as well as – of course – the opportunity to earn the globally recognized CSR-P certification.
John Friedman, Sustainable Business Network of Washington
The ideas of the program changed my view of my job in the PR field.
Abdullah Mohammad, Media Coordinator, Dubai Courts
Very good coverage and flow of key issues and concepts in CR. Good opportunity to be inspired with new ideas through presentations and group discussions.
Lily Heinemann, CR Manager, Lloyds
CSRプラクティショナー資格講習受講企業・団体一覧
株式会社日立製作所(3)
インフィニート・ラボ
住友商事株式会社
キリン株式会社
株式会社Green prop 福岡支店
TCO2株式会社
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
公益財団法人 日本財団(5)
株式会社 富士通鹿児島インフォネット
株式会社シータス&ゼネラルプレス
法政大学
コニカミノルタホールディングス株式会社
株式会社日本製紙グループ本社
カシオ計算機株式会社
NPO法人ECO体験工房
特定非営利活動法人CANPANセンター(2)
ジョンソン・エンド・ジョンソン 株式会社
パナソニック株式会社(2)
ベスター建物管理株式会社
生物多様性&ビジネスコーディネーション協会
株式会社 日立システムズ
アックスデザイン株式会社
カルビー株式会社(2)
有限責任監査法人トーマツ(2)
サントリーホールディングス株式会社
武田薬品工業株式会社(6)
NPO法人発達障害児支援LOF教育センター
株式会社サステナビリティ・コミュニケーション・ハブ
ソニー株式会社
ME & Associates Limited
株式会社ニューラル(2)
千住金属工業株式会社
シチズンホールディングス株式会社
トッパンエディトリアルコミュニケーションズ株式会社
東京大学環境安全本部
アオイネオン株式会社
株式会社資生堂
マツダ株式会社
有限会社アイルジャパン
ダウ・ケミカル日本株式会社
東京エレクトロン株式会社
グラクソ・スミスクライン株式会社
リンテック株式会社
ヤフー株式会社(3)
ローム株式会社
公益社団法人京都モデルフォレスト協会
株式会社白寿生科学研究所
アライド・ブレインズ株式会社
関西ビジネスインフォメーション株式会社
ギブン・イメージング株式会社
静岡ガス株式会社
前原環境技術士事務所
三菱レイヨン株式会社
株式会社野村総合研究所
エルケム・ジャパン株式会社
綜合警備保障株式会社
一般社団法人 相続安心支援センター
東京海上日動火災保険株式会社
楽学夢現合同会社
株式会社エアロアクア
Kroll Inc.(2)
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
株式会社サステナビリティ会計事務所
NTTネットワーク基盤技術研究所
株式会社エコロジーパス
東京ガス株式会社(2)
国際航業株式会社
税理士法人 内山会計
キャスレーコンサルティング株式会社
 古河電気工業株式会社
 株式会社エナジェティックグリーン
 一般社団法人 グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン
 株式会社a2media
 オリンパス株式会社
 新電元工業株式会社
 東レ株式会社
 株式会社セブン&アイ・ホールディングス
 富士ゼロックス株式会社
 株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン
ルーティヴ株式会社
SCSK 株式会社
株式会社早稲田大学アカデミックソリューション
リコージャパン株式会社
株式会社Learning City
株式会社ピープルフォーカス・コンサルティング
株式会社サエラ
公益財団法人自動車リサイクル促進センター(JARC)
株式会社日清製粉グループ本社(5)
井関産業株式会社
株式会社JVCケンウッド(2)
株式会社 office 3.11
株式会社GSユアサ(2)
日本工営株式会社
株式会社 杉山・栗原環境事務所
株式会社リクルートホールディングス(4)
株式会社 電通
特定非営利法人アースデイ・エブリデイ
日総工産株式会社
サンファーマ株式会社
大日本住友製薬株式会社
株式会社ロッテ(2)
小野薬品工業株式会社
TK@PINO
株式会社 カーギルジャパン
協和発酵キリン株式会社
公益社団法人全国老人福祉施設協議会
株式会社ベネッセホールディングス(3)
小林製薬株式会社
株式会社ジェネックス
ハウス食品グループ本社株式会社
日興アセットマネジメント株式会社
株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズ
株式会社C-driven
青森明の星短期大学
株式会社旭リサーチセンター
株式会社リンク・リレーション・エンジニアリング
YKK株式会社(2)
グランリッジ・アソシエイツ
株式会社リクルート
株式会社テクノアソシエ
株式会社メガスクエア
株式会社東急総合研究所
日鉄物産株式会社
株式会社グレイス
Dole Asia Holdings PTE. LTD
フォスター電機株式会社
株式会社NTTドコモ
株式会社 博報堂アイ・スタジオ
Kokuyo International Malaysia Sdn. Bhd.
ブリティッシュ・カウンシル
丸文株式会社
スリーエム ジャパン株式会社
お申込みはこちら お問い合わせはこちら