下田屋が国際交流基金ロンドン主催のCSRセミナーシリーズ CSRプロジェクトアドバイザーとなりました

サステイナビジョン代表の下田屋が国際交流基金ロンドン主催のCSRセミナーシリーズ2011/2012のCSRプロジェクトアドバイザーとなりました。

このCSRセミナーシリーズは、国際交流基金ロンドン日本文化センターの主催、リンクスジャパン共催で、後援は在英国日本大使館、JETRO London、在英国日本商工会議所、日欧起業家フォーラムとなっております。下記が詳細となります。

1 CSRセミナーシリーズの事業趣旨

グローバリゼーションが進行する中、企業と社会の関係も複雑化・緊密化する中で、企業の社会貢献や社会的な責任(CSR)をめぐる議論やテーマが多様化してきています。企業活動を構成し、取り巻くステークホルダーはどのように変化してきたのか、企業活動を行う上で期待されている社会貢献や社会的な責任とはどういうものか、企業はいかに戦略的にCSR活動を計画実行できるのか、どのような活動を具体的に想定するのか、持続可能な企業活動をCSR活動がいかに支えるのか、といった点をわかりやすく解説いたします。

先端的な議論や事例が豊富な英国・国際企業の状況を題材に、英国の企業関係者や有識者のレクチャーと質疑応答セッションを開催いたします。できるだけ聴衆と講師陣とのインターアクションを重視したワークショップ的なセミナーのシリーズを試みます。

2 主催:国際交流基金ロンドン日本文化センター(The Japan Foundation London)

3 共催:Liniks Japan

4 協力・後援:在英国日本大使館、在英国日本商工会議所、JETROロンドン、日欧起業家フォーラム

5 セミナーシリーズの事業概要

1 アドバイザー

Philida Purvis氏(Links Japan代表)
下田屋毅(サステイナビジョン社代表取締役)

2 日程・テーマ・講師
1 第1回目タイトル:From Philanthropy to Essential Business Investment – the evolution of CSR in the UK (仮訳:フィランソロピーから枢要なビジネス投資まで―英国におけるCSRの進化―)
http://www.jpf.org.uk/whatson.php#358
http://www.uk.emb-japan.go.jp/japanuk150/events/academia/JPF_From_Philanthropy.html

日 時:7月19日(火)18:30~
場 所:国際交流基金ロンドン日本文化センター
http://www.jpf.org.uk/aboutus.php#location
講師:Ian Blythe, Head of CSR for Boots UK, a member of Alliance Boots
Takeshi Shimotaya, Managing Director, Sustainavision Ltd.

概要:企業の社会貢献・CSR活動は、伝統的な寄付・慈善活動に始まり、より戦略的な投資へとその概念を拡大させてきています。第1回目のセミナーでは、まずCSRの概念や活動内容の変化を概観するとともに、CSR活動に積極的なBoots社のBlythe氏が具体的な活動事例の報告を行います。

2 今後のセミナーシリーズの予定

およそ2か月毎に、来年春までの期間、以下のテーマ案にて、英国企業・関連業界関係者や有識者を講師としてお招きし、参加聴衆との質疑応答や意見交換を行います。先端的な議論や事例が豊富な英国・国際企業の状況を題材に、英国の企業関係者や有識者のレクチャーと質疑応答セッションを開催いたします。できるだけ聴衆と講師陣とのインターアクションを重視したワークショップ的なセミナーシリーズ化を試みます。

・ 第2回目「ビジネスと良い企業行動―どう測り、どうランクするのか」(案)
講師:英国ビジネス団体役員、英国経済紙企業評価有識者

・ 第3回目「CSRと企業ガバナンスとの関係をどう考えるか」
講師:英国企業社会関係団体役員

・ 第4回目「ビジネスとCSR企業責務とのバランスをどう考えるか(職場環境、資源環境など)」
講師:英国企業役員経験者

・ 第5回目:「社会的企業という新しいビジネス、社会公益に貢献するビジネスとは―これを支える投資家、受益者は誰か」
講師:英国企業創業者、英国大学公共政策専門家

なお、企業関係者等シリーズ参加の要望、関心に応じて、英国企業・団体への実施訪問を検討します。